転換とトラブルについて

人生の様々なライフステージ毎に検討する必要があります。独身時代、新婚時代、子どもの出産、子どもの独立、マイホーム購入、定年退職と様々な場面にあった生命保険の契約をしていくことが必要です。多くの方は独身時代に勤め始めて、自分の生命保険の加入を検討すると思いますが、まだ死亡保障は殆んど必要ないです。なぜなら、生命保険は扶養家族への生活の保障のためのものだからです。結婚して家族が増えてから現在の状況や今後のために加入する必要が出てきます。
生命保険にも終身保険や養老保険など様々な種類があり、生命保険特約制度などの制度があります。今回は転換制度についてです。この制度は現在の契約を活用して、新商品として契約する方法です。現在の契約の積立部分や積立配当金を下取り価格として、新しい契約の一部にあてる方法で、既契約は消滅します。 この制度の利用をすすめる場合、生命保険会社は、乗換等をした場合としなかった場合の新旧契約の内容比較について、書面を用いて説明することになっています。新たな契約をしてしますと元の契約は消滅してしますのでトラブルがないように、十分に理解し納得してから契約してください。特に、保険会社から新商品が出た、更新時期という言葉を聞いたら、この制度を思い出してみてください。

コメントは受け付けていません。