逓減タイプの内容とは

時代の流れと共に求められるものが変わる生命保険の中で、近年注目を集めているのが収入保障保険です。死亡保険の一つで、対象者が死亡した場合や高度障害になった場合に保険金が支払われます。保険金が年金形式で支払われることが最も特徴的です。
保険会社が保険金を預かり、遺族が分割払いで受け取るという仕組みです。月毎や年毎など受け取り方を選ぶことが出来、一時金で受け取ることも可能です。貯蓄機能がほとんどないため、保険料が割安なのが魅力です。
収入保障保険は、定期タイプと逓減タイプの二種類に分けられます。定期の場合、死亡の時期に関わらず決まった期間保険金が受け取れます。逓減だと契約満了までの残りの期間の分が保険金になるため、契約から時が経つほど保険金が減っていきます。そのため、定期に比べて割安になります。
一般的に死亡保障は、子供が生まれた時に最も必要になると言われ、その後徐々に必要額が下がっていきます。そういった流れに適していると言えるのは逓減型の方なので、堅実な暮らしをされている方に向いている保険と言えます。ただし、高齢期には受け取れる保険金が減ってしまうので、死亡率が上がる高齢期にしっかり備えたい方は、定期型や他の保険を検討した方が良いと言えます。

コメントは受け付けていません。