収入保障保険の種類について

ケガや病気はいつなるか分からないものですよね。だからこそ、万が一の時の備えである保険をしっかりと組んでおく必要があります。
数ある保険の一つとして、今注目されているのが収入保障保険です。名前の通り、万が一の時には保険期間満了まで毎月一定の金額が入ってくるものです。
この保険は大きく分けると、定額タイプと逓減タイプの二種類から受取タイプが選べるようになっています。
定額の場合は万が一の際や、支払い期間を終えた後にもらえる収入保障年金が一定の額に決まっているもので、給与のように計画的な収入として考えていきたい方に向いています。無事故や病気にかからずに保険期間を満了した場合、無事故給付金を受け取れるタイプもあります。
逓減タイプは収入保障年金の金額が、金利によって変動するものを言います。保険会社によって違いはありますが、毎年数%ずつ福利で増えていくので、無事故かつ病気にかかることなく保険期間を満了すれば、定額よりも収入保障年金の額は増えることになります。
どちらの場合も、喫煙や過去の病歴などを基準に割りだす標準体料率という健康指数によって保険料や保証年金額が変わってきます。
現在の状況や将来的な保証も考えて、より自分に合った保険を選ぶのが大切です。

コメントは受け付けていません。