三大疾病収入保障保険の内容とは

日本人の死亡原因の約4割を占めている病気が、がん・急性心筋梗塞と脳卒中の3つの病気で三大疾病と呼ばれています。そして、もしも一家の大黒柱がその病気が原因で死亡した時の為に備える保険があります。子供さんのいる家庭に最適の保険です。
その保障内容を簡単に説明すると、被保険者が、がん・急性心筋梗塞や脳卒中が原因で亡くなった場合に残された家族が死亡保険金を毎月の生活費として年金のような形式で受け取る事が出来る保険です。例えば一家の大黒柱が亡くなると、当然の事ですが毎月の収入はなくなってしまいます。その毎月の収入=給料の代わりになるのが保険金です。そのお陰で一家の大黒柱を失った家族を経済的に守るのです。又、家事や子育てなど家族を守る為に頑張っていた主婦が亡くなった場合にはホームヘルパーやベビーシッターを依頼する費用に充当する事も出来ます。一家を守る主婦がいなくなって困惑する残された家族の日常生活をサポートしてくれる保険でもあります。
但し、オプションを付けない限りは被保険者が死亡した場合でないと保険金は支給されません。更に生前給付もありません。そして掛け捨てです。保険満了時に生存していると一切保険金の支払いはありません。

コメントは受け付けていません。