標準体料率の考え方について

今の生命保険は、健康診断を受けた結果が保険会社の基準をクリアしていれば契約料金が安くなる。何も病気が無ければ標準体料率となり、更に健康状態が良ければ優良体料率となり保険料が安くなります。
タバコを吸っていて、喫煙をする人は、病気になる確率が高いので割引の対象にならないのです。
健康だと保険料が下がる保険があるのです。
割引の割合は、保険会社によって違うのです。
契約してしまう前に、2、3社に聞いて見積もって貰うのが良いです。

保険会社によって、名称等は違います。
リスク区分型といったりするのです。
詳しく説明すると、メタボでタバコを吸う人は病気になり死亡する率が高くなるのです。
反対に痩せていてタバコを吸わない人は、病気になりにくく死亡率がひくくなります。
これを区別するためにあるのです。

健康状態を見るのは、以下の3点です。
血圧が正常で標準体型、タバコを吸無い事です。
車の保険と一緒です。
優良運転者だと割引があるのです。
生命保険もリスクに合った料金設定となっています。
若い人も自分が痩せていて、タバコを吸わないと言う人は保険会社に聞いて必要な健康診断をして出してみた方が良いです。
友達や知り合いが保険会社にいるなら、家に来て貰い話を聞いて見るのも良いです。

コメントは受け付けていません。