がん収入保障保険の内容とは

病気は老若何男女年問わずにかかります。家族がいれば例え自分が罹患しても面倒を見てもらえますが、独身でひとり暮らしをしている人は、自分で生活と治療の両立をさせなければなりません。ただでさえ治療費がかかるのに、入院や通院のために仕事を休まざるを得ない状況は働く独身者にとっては非常に不安です。
そこで収入保障に焦点を置いた保険が登場しています。これは罹患したときの生活費を保障してくれるもので、治療をするためではなく、治療中の生活を安定させるためにあります。毎月保険金を年金形式で受け取れるタイプがメインで、最初に設定した年数の間、保険金が続きます。
がん保険の場合、保険の公平性を期すために責任開始日を契約日から3か月後に設定しています。そのため契約して3か月以内に診断を受けた場合、保険金が貰えないので注意が必要です。もし途中で被保険者が無くなった場合は、死亡保険金として年金や一時金を遺族が受け取ります。
治療が長引くことも多い病気なので、多くの保険会社では5年から15年ほどの年金期間を用意しています。中には保障期間がついている商品もあり、かなり長期に及ぶ治療にも対応可能です。年金の受取を分割にしたり、一括にしたりできる保険会社もあります。

コメントは受け付けていません。