‘未分類’ カテゴリー

ランニングコストを踏まえた加入目的について

世の中というのは、いつ何が起こるかわからないものです。だからこそ、いざという時に備えて保険に加入することは大切です。しかしながら、保険にも様々な種類があります。そしてまた種類ごとにサービスは様々であり、どの保険を選べばよいのか迷ってしまいます。
保険を選ぶ上で大切なのは、どのような目的で保険を利用するのかをしっかり理解しておくことです。目的さえハッキリしていれば、どの保険を選べば良いのか判断しやすくなります。
また、どのくらいのランニングコストが必要なのかもチェックしておくことが大切です。どんな良さそうな保険であっても、ランニングコストが無理そうであるなら、妥協するのもひとつの手です。
そんな数ある保険の中で、万が一に備えることができる保険として最近注目を浴びているのが収入保障保険です。
収入保障保険とは、もしも万が一が起こった場合、保険金として積み立てたお金を年金形式で遺族に給付することができる保険になります。
生命保険などで支払われる金額は、良くも悪くも一括であるため、後の収入に続きません。しかしながら、収入保障保険なら、年金と同じように一定額が決まった期間ごとに給付されるという形式なので、安定して遺族に収入が渡されることになるのです。

定額タイプの内容とは

収入保障保険は、被保険者が亡くなった時に保険金が給付されるといったものですが、その中でも最もよく利用されているのが定額タイプと呼ばれるタイプのものです。どのような内容なのか簡単に言えば、毎月給付される保険金が一定額というタイプで、経過年数に関わらず一定の金額を受け取る事ができるのが特徴です。
受取金額が定額なので、将来的にどれだけの給付があってどれだけの出費をまかなう事ができるかといった計算がしやすく、比較的安い保険料で安定した生活が見込めるのがメリットです。逆にデメリットと言えば、将来的に保険加入当時は考え付かなかった予定外の出費がかさんだ場合や予想以上のインフレになった場合に対応が難しくなる可能性がある事です。
デメリットへの対策ですが、保険加入時にしっかり保険会社のアドバイザーや専門家と相談をする事がまず一番です。特にお子さんのいるご家庭は、学費にかなり出費がかさむ事も少なくありません。また、思いがけない怪我や、病気の可能性もあります。
インフレへの対処についてですが、日本の場合諸外国に比べると想像がつかないほどのハイパーインフレになる危険はほとんどない為、やはり専門家としっかり相談していく事で十分対処は可能です。こうして見ると、メリットの方が大きいタイプである事がよくわかります。

標準体料率の考え方について

今の生命保険は、健康診断を受けた結果が保険会社の基準をクリアしていれば契約料金が安くなる。何も病気が無ければ標準体料率となり、更に健康状態が良ければ優良体料率となり保険料が安くなります。
タバコを吸っていて、喫煙をする人は、病気になる確率が高いので割引の対象にならないのです。
健康だと保険料が下がる保険があるのです。
割引の割合は、保険会社によって違うのです。
契約してしまう前に、2、3社に聞いて見積もって貰うのが良いです。

保険会社によって、名称等は違います。
リスク区分型といったりするのです。
詳しく説明すると、メタボでタバコを吸う人は病気になり死亡する率が高くなるのです。
反対に痩せていてタバコを吸わない人は、病気になりにくく死亡率がひくくなります。
これを区別するためにあるのです。

健康状態を見るのは、以下の3点です。
血圧が正常で標準体型、タバコを吸無い事です。
車の保険と一緒です。
優良運転者だと割引があるのです。
生命保険もリスクに合った料金設定となっています。
若い人も自分が痩せていて、タバコを吸わないと言う人は保険会社に聞いて必要な健康診断をして出してみた方が良いです。
友達や知り合いが保険会社にいるなら、家に来て貰い話を聞いて見るのも良いです。

がん収入保障保険の内容とは

病気は老若何男女年問わずにかかります。家族がいれば例え自分が罹患しても面倒を見てもらえますが、独身でひとり暮らしをしている人は、自分で生活と治療の両立をさせなければなりません。ただでさえ治療費がかかるのに、入院や通院のために仕事を休まざるを得ない状況は働く独身者にとっては非常に不安です。
そこで収入保障に焦点を置いた保険が登場しています。これは罹患したときの生活費を保障してくれるもので、治療をするためではなく、治療中の生活を安定させるためにあります。毎月保険金を年金形式で受け取れるタイプがメインで、最初に設定した年数の間、保険金が続きます。
がん保険の場合、保険の公平性を期すために責任開始日を契約日から3か月後に設定しています。そのため契約して3か月以内に診断を受けた場合、保険金が貰えないので注意が必要です。もし途中で被保険者が無くなった場合は、死亡保険金として年金や一時金を遺族が受け取ります。
治療が長引くことも多い病気なので、多くの保険会社では5年から15年ほどの年金期間を用意しています。中には保障期間がついている商品もあり、かなり長期に及ぶ治療にも対応可能です。年金の受取を分割にしたり、一括にしたりできる保険会社もあります。

三大疾病収入保障保険の内容とは

日本人の死亡原因の約4割を占めている病気が、がん・急性心筋梗塞と脳卒中の3つの病気で三大疾病と呼ばれています。そして、もしも一家の大黒柱がその病気が原因で死亡した時の為に備える保険があります。子供さんのいる家庭に最適の保険です。
その保障内容を簡単に説明すると、被保険者が、がん・急性心筋梗塞や脳卒中が原因で亡くなった場合に残された家族が死亡保険金を毎月の生活費として年金のような形式で受け取る事が出来る保険です。例えば一家の大黒柱が亡くなると、当然の事ですが毎月の収入はなくなってしまいます。その毎月の収入=給料の代わりになるのが保険金です。そのお陰で一家の大黒柱を失った家族を経済的に守るのです。又、家事や子育てなど家族を守る為に頑張っていた主婦が亡くなった場合にはホームヘルパーやベビーシッターを依頼する費用に充当する事も出来ます。一家を守る主婦がいなくなって困惑する残された家族の日常生活をサポートしてくれる保険でもあります。
但し、オプションを付けない限りは被保険者が死亡した場合でないと保険金は支給されません。更に生前給付もありません。そして掛け捨てです。保険満了時に生存していると一切保険金の支払いはありません。

逓減タイプの内容とは

時代の流れと共に求められるものが変わる生命保険の中で、近年注目を集めているのが収入保障保険です。死亡保険の一つで、対象者が死亡した場合や高度障害になった場合に保険金が支払われます。保険金が年金形式で支払われることが最も特徴的です。
保険会社が保険金を預かり、遺族が分割払いで受け取るという仕組みです。月毎や年毎など受け取り方を選ぶことが出来、一時金で受け取ることも可能です。貯蓄機能がほとんどないため、保険料が割安なのが魅力です。
収入保障保険は、定期タイプと逓減タイプの二種類に分けられます。定期の場合、死亡の時期に関わらず決まった期間保険金が受け取れます。逓減だと契約満了までの残りの期間の分が保険金になるため、契約から時が経つほど保険金が減っていきます。そのため、定期に比べて割安になります。
一般的に死亡保障は、子供が生まれた時に最も必要になると言われ、その後徐々に必要額が下がっていきます。そういった流れに適していると言えるのは逓減型の方なので、堅実な暮らしをされている方に向いている保険と言えます。ただし、高齢期には受け取れる保険金が減ってしまうので、死亡率が上がる高齢期にしっかり備えたい方は、定期型や他の保険を検討した方が良いと言えます。

収入保障保険の種類について

ケガや病気はいつなるか分からないものですよね。だからこそ、万が一の時の備えである保険をしっかりと組んでおく必要があります。
数ある保険の一つとして、今注目されているのが収入保障保険です。名前の通り、万が一の時には保険期間満了まで毎月一定の金額が入ってくるものです。
この保険は大きく分けると、定額タイプと逓減タイプの二種類から受取タイプが選べるようになっています。
定額の場合は万が一の際や、支払い期間を終えた後にもらえる収入保障年金が一定の額に決まっているもので、給与のように計画的な収入として考えていきたい方に向いています。無事故や病気にかからずに保険期間を満了した場合、無事故給付金を受け取れるタイプもあります。
逓減タイプは収入保障年金の金額が、金利によって変動するものを言います。保険会社によって違いはありますが、毎年数%ずつ福利で増えていくので、無事故かつ病気にかかることなく保険期間を満了すれば、定額よりも収入保障年金の額は増えることになります。
どちらの場合も、喫煙や過去の病歴などを基準に割りだす標準体料率という健康指数によって保険料や保証年金額が変わってきます。
現在の状況や将来的な保証も考えて、より自分に合った保険を選ぶのが大切です。

収入保障保険の概要とは

収入保障保険は、死亡保険金を一括でなく月ごとにもしくは年ごとに受け取る契約内容です。定額タイプと逓増タイプに分かれます。掛け捨ての死亡保険にも比較的に多い保証内容です。
死亡時以外にもがん保険の場合には、入院や通院で働けない期間の生活を保障する内容になっています。
収入補償保険の保険料は、被保険者の健康状態や喫煙習慣などによって異なります。健康に対するリスクが高いと判断されると高い保険料金が設定されるのです。少しでも保険料を安くしたいなら、健康状態や生活習慣の見直しが必要になります。
この保険の特徴として、保険金を一括で受け取らず遺族年金として扱う契約も有る事です。どの様な受け取り方法が良いのか考慮が必要になります。
被保険者が高度障害状態になった時に支払われる商品も多いです。保険満了期間まで、年金として給付金を受け取れます。
最低受け取り保証期間を、被保険者が自分で選択出来る商品も増えています。
保険会社によっては、家計保証プランなど別の名称にしている場合があるので契約内容を確認すると良いです。
契約内容によっては、毎月と一時受け取りが可能なプランも有る事になります。いくらの給付金が必要かで保険の契約を選ぶと良いです。

転換とトラブルについて

人生の様々なライフステージ毎に検討する必要があります。独身時代、新婚時代、子どもの出産、子どもの独立、マイホーム購入、定年退職と様々な場面にあった生命保険の契約をしていくことが必要です。多くの方は独身時代に勤め始めて、自分の生命保険の加入を検討すると思いますが、まだ死亡保障は殆んど必要ないです。なぜなら、生命保険は扶養家族への生活の保障のためのものだからです。結婚して家族が増えてから現在の状況や今後のために加入する必要が出てきます。
生命保険にも終身保険や養老保険など様々な種類があり、生命保険特約制度などの制度があります。今回は転換制度についてです。この制度は現在の契約を活用して、新商品として契約する方法です。現在の契約の積立部分や積立配当金を下取り価格として、新しい契約の一部にあてる方法で、既契約は消滅します。 この制度の利用をすすめる場合、生命保険会社は、乗換等をした場合としなかった場合の新旧契約の内容比較について、書面を用いて説明することになっています。新たな契約をしてしますと元の契約は消滅してしますのでトラブルがないように、十分に理解し納得してから契約してください。特に、保険会社から新商品が出た、更新時期という言葉を聞いたら、この制度を思い出してみてください。